皆さんは何故転職をお考えなのでしょうか。職場環境、人間関係、業務内容など、様々な事情があることと思います。転職を考える方の中に「とにかく今の仕事を辞めたい」と考えている人も多いのが実情でしょう。

 

 さて、そうなると皆さんは転職先に何を求めるのでしょうか。残念ながら転職した先がいい企業だとは限りませんし、希望の職務に就ける確証もありません。その結果職を転々とされる方も実際にいらっしゃいます。重ねて申し上げますが、ご自分が何を求めているのかを明確にした上で転職先を探してみてください。

 

 業務内容を変えたいのであれば中途採用でその業務に就けるのかを。人間関係の場合は要するに「まともな」人が多い職場を探されるのかと思いますが、それは運でしかないこともご理解頂きたいと思います。

 

【PR】
55歳転職.com
55歳という年齢から転職を成功させるには?

 

 さて、その上で転職活動されるにあたってのポイントですが、ご自身の強み、経験を端的にまとめられるようにしてください。職務経歴書も長々と今までの業務内容を書くのではなく、自分の一番自信を持って挙げられる業務を大げさでもいいので的を絞って記入してください。前職で自分は何を学び、何の実績を残したのか。実績のない人なんていないです。

 

 たとえ書類整理だけをやっていたにしても、自分なりに効率よくまとめられるように日々の中で工夫をしていたはずです。企業は中途採用に経験を求めます。新卒にはないビジネスマンとしての成熟度とスキルです。それを明確に説明できないのであれば企業側からしたら新卒を採用するのと変わりありません。面接ではハキハキと自信を持ってご自身の経歴をアピールしてください。

 

 いくら実績があっても自信なさげですと採用担当者も不安になってしまいます。これに至っては新卒の面接とそう変わりはないでしょう。以上が一部上場企業の人事部に籍を置いていた私から申し上げられる概論です。

 

 転職エージェントを活用するのもいいでしょう。腹を割って話すことでご自身では気付けなかった新しい適性も見いだせるかもしれません。最後になりますが、転職活動で面接に挑む際には、一度新卒の頃に立ち返って「熱意」を伝えることが最も大切であるということは、頭に留めておいてください。



このページの先頭へ戻る