ブルーカラーからホワイトカラーになりました

 私は以前に建設現場で仕事をしていました。作業服を着て腰袋をつけて、いわゆるブルーカラーの仕事でした。建設現場での仕事は大好きでしたし、給料も安定しており同僚との関係も良好でしたから、仕事に何の不満もありませんでした。

 

 もちろん一つの会社で経験を積み、安定した人生を送るのも立派ですが、短い人生なので色々な仕事を経験してみたいと考えていました。

 

 そこで全く異なる業種の会社へ転職したいと思いました。いくつかの面接に行きましたが、最終的に生命保険会社の事務職に採用してもらえました。その日からはネクタイとスーツで、満員電車に乗ったり残業をしたりしています。

 

【参考記事】
フリーターのための就職紹介
自分らしい仕事を正社員で - フリーターからの就職紹介

 

 最初はきれいな職場環境に慣れませんでしたし、女性も多い環境だったので、マナーや清潔さに普通以上に注意するようにしました。

 

 仕事を教えてくれる人や先輩はみんな若い人でしたが、自分は新人なので全ての人から謙虚に学ぶようにして、積極的に人間関係を保つようにしました。職場環境や付き合う仲間が変わると、自分の考え方や生活習慣まで大きく変化してきました。

 

 今ではすっかりホワイトカラーの生活を送っていますが、転職したおかげで人生が健康的で豊かになったように感じています。

 

 転職を考えておられる方にお勧めしたいのは、自分の得意とする分野だけではなくて、全く経験したことのない新しい分野に挑戦してみるのも勉強になっていいですよ。人生経験や生活そのものが豊かになると思います。



このページの先頭へ戻る