30代は転職をするのに適した年代

・30代の転職事情について

 

30代の転職事情は、それほど不利にはならないです。実務経験をして専門的な知識や技術を習得していれば、同じ業界への転職に対しては有利です。ただし、まったく違う業界へ移るとなれば話が変わります。30代の採用を考える企業は、即戦力を期待しています。今までの経験を活かすことができれば、収入アップも望めます。
30代は社会経験を積んで、ある程度の知識や技術も習得しつつある年代であり、年を取りすぎているわけでもなく働き盛りの年代です。若いけど未経験の新卒よりも、ある程度経験を積んだ30代で即戦力を期待できる人材のほうが、企業としては喜ぶケースがあります。

 

 

・30代で転職先を探す方法

 

30代で転職先を探すには、今までの経験を活かすことを考えます。まったく違う業界に行きたいのであれば、収入が下がることを考慮しなくてはいけませんが、同じ業界に行くのであれば経験を活かしてアピールすることを考えます。
前の会社を退社する理由を再確認し、その不満が転職先で解消されるかどうかを考えます。転職することによって、自分がどうなりたいのか考え、そのためにもっとも良いと思える企業を探します。
自分で求人を探すほかに、人材紹介会社に登録するなどし、希望に合う求人を紹介してもらうと良いです。できるだけ多くの求人情報を入手するように心がけます。

 

・30代で転職を考えている人へアドバイス

 

30代で転職を考えている場合で、今の会社に勤めて将来的に自分がどうなっているのか考えると良いです。会社に対して要望事項を伝え、それが改善できる見込みがあるのか確認します。
今の会社にいても、将来的に自分のためにならないと思えば、若いうちに転職を考えるほうが良いです。30代であれば転職が比較的しやすい時期なので、自分に自身を持ってアピールすることが大切です。



このページの先頭へ戻る